2018/10/27 あまのがわ×タイワロジーアカデミア

★ごあいさつ:
今回の企画は、映画「あまのがわ」の撮影が、タイワロジー提唱者の南徹学院長出身地であり、「自然との対話」の合宿地でもある屋久島中心に行われたことに、深いつながりの大きな意義を感じ、映画「あまのがわ」の魅力を広く深く、多くの皆さんにアピールしていきたい、そんな単純な構想から生まれております。
人と人との出会いとコミュニケーションの大切さ重視の姿勢は、「あまのがわ」と「タイワロジーアカデミア」の共通の価値観であり、南学院長のタイワロジー哲学の下、パネラー4人の皆様方の、より深い、より本質の魂の部分のストーリーをお話しいただけるのではと、期待膨らむところです。

私共「タイワロジーアカデミア」では、今回の講演会を、映画「あまのがわ」の広報支援活動の一環として位置づけ、今後も全国各地で、同様の講演会を開催してまいります。
同時に、映画の主役を繋ぐ重要な役割の分身ロボットOriHime 開発者の吉藤オリィ氏の活動も多くの人々と分かち合い、広く広報してまいる所存です。

その記念すべき講演会第一回目を、講演者お二人に関係の深い「デジタルハリウッド大学駿河台ホール」にて開催できることも、大変意義深く、感動的なスタートとなりそうです。

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

2018/10/27(土)

★当日スケジュール:
12:30 開場
13:00  開会・挨拶
オープニング映画上映
13:10  第一部講演
(古新舜・吉藤オリィ)
14:10  第二部トークセッション
南徹学院長挨拶とパネラー紹介
トークセッション
テーマは映画「あまのがわ」
異色の6人が織りなす物語に乞うご期待!!
15:30  閉会

出演者プロフィール

★古新 舜
映画監督。コスモボックス(株) 代表取締役。学生時代にいじめや 引きこもり
を経験。大手予備校物理科講師を10年務め、映画監督となる。「映画と教育と の
融合」をテーマに活動中。ストーリーコミュニケーター。

★吉藤 オリィ
ロボット・コミュニケーター/ 分身 ロボットアーティスト 。
株式会社 オリィ研究所 代表取締役所長。
小学校のころに病気により3年半の不登校時代。
AERA 「日本を突破する100人」、米Forbes 「アジアを代表する 30人以下の30名」
などに選出。

★安藤 大作
『あまのがわ」協力プロデューサー。 株式会社Believe代表取締役。 現在十数校
舎、2000人の生徒を有 する県下トップクラスの安藤塾塾長。 (公社)全国学習塾
協会会長

★田辺 弘記
株式会社NextMessage代表取締役。 リクルート卒業後、コンサル会社役員を 経て
現在ライフウェイクコーチングを 延べ800人に提供

★南 徹
iBS外語学院学院長。タイワロジー アカデミア学院長。鹿児島国際懇話会会長。
タイワロジー学問創始者。

★黒川洋司
株式会社ヒューマンハーバー大阪 代表取締役
良心塾 塾長
少年院・刑務所出院者の自立支援施設(良心塾)を運営し若者の再チャレンジする場を創生することで社会問題になっている再犯防止に取り組んでいる。

参加費
事前申込・・・3,000円
当日参加・・・4,000円

https://kokucheese.com/event/index/538647/

 

 

1月7日開催 少年院を出た僕達だからこそ出来る事がある。

今回は、スペシャル第一弾プロジェクトとして、
タイワロジーアカデミア×良心塾の短期集中コース!

わずか5日間、されど5日間の集中研修で、共に学び、気づき、
やれば出来る!認めて貰える!という実体験をするのが目的。
5日間の学びの最終日、平成30年1月7日(日)午後、
自信に満ちあふれた彼らの感動的なプレゼンテーション。
彼らの勇気ある発表の応援に是非ご参画ください!

【主なプログラム】

第一部
講話 黒川 洋司(良心塾 塾長)
「裏社会を生きて来た男の魂の目覚め」

第二部
プレゼンテーション 少年院・刑務所出院者5名
「被害者から加害者になってしまった僕達の誓いと決意」

第三部
講話 南 徹(タイワロジーアカデミア 学園長)
「敬天愛人の実践者としての対話哲学」

 

詳しくはこちら
http://kokucheese.com/event/index/496902/

 

【連絡先】
タイワロジーアカデミア良心塾事務局
06-6449-2227